2014-12-16

TOUMAIの料理レッスンニャ〜

video

8:00a.m.  築地
世界有数のオシャレな街、東京のど真ん中だなんてまるで嘘のような、昭和レトロな築地市場!!

写真を撮りながらもたもた歩いていると、狭い通路の背後から「ターレー」と呼ばれる電動小型荷車が押し寄せる。

魚介類は鮮度が命!
ここでは観光客よりも、魚介類を載せた「ターレー」が最優先なのだ。

もちろん観光客だって買い物はできるけれど、「この魚は何ですか?」なんて聞いても、なかなか相手にしてもらえない。

お会計の方法もわからない素人には、どこで誰にお金を渡したらいいかもわからない。

言葉もルールも全く違うこの感覚は、まるで外国だ!!

アジアの市場さながらの築地市場で、
「日本もアジアの一部だったんだニャ〜」
としみじみ感じながら、せっかくなので築地の新鮮な食材を使った朝ご飯をいただくことにした♪

やっぱり、ここは日本。
そしてメロンは日本猫。
海老のみそ汁が空腹の五臓六腑に染み渡る。

なんとか目当ての物を買うことができたので、次は場外の商店街へ。年末のせいか、こちらも活気ムンムン!

きっとスーパーマーケットができる前の日本は、こういう商店街が各街にあって、日本の食卓を元気に支えていたのだろう。
専門店にはマニアックな食材が揃い、
「この料理ならこっち、あの料理ならあっちがいいわよ」なんてアドバイスもして貰えた。

昭和のぬくもりや活気を感じながら、次の目的地へ!




11:30a.m. 代々木

色の力で食コミュニケーションを広げる「カラフルフーディング」を企画している成瀬先生のアトリエでクッキング教室スタート!

築地で買って来た食材も一緒に、魚の皮の扱いや、鶏肉の脂の取り方等、基本的なことから教えて貰う。

普段、自分達が美味しいと思える物を提供しているけれど、ステップアップする為にはレッスンが必要不可欠。

もっと皆さんに喜んで欲しい!
もっと皆さんに幸せな気持ちをお届けしたい!

そんな気持ちで始まったTOUMAIの料理強化レッスンである。

成瀬先生のご指導のもと、フルコースの仕入れ〜調理〜盛りつけまで、全てを勉強させていただいた!

テーブルコーディネートまで素敵にもてなされるのはとっても嬉しいものだということを再確認♪

お腹がはちきれそうな程食べてしまった!

19:00p.m.  西国分寺

お腹いっぱいなのに帰り道にまた素敵なカフェで甘い物とあったかドリンクをいただく贅沢♪笑

カフェを楽しんで欲しいと思うお店の人達の心が伝わるような素敵な空間で、心も満たされた。

朝から晩まで喰い倒れの旅!!
今日感じたことや味わったものをよ〜く咀嚼して、自分の血となり肉となり、学んだ知識をTOUMAIらしく出していこうと思ったんだニャ〜!!


















2014-12-13

TOUMAIのクリスマスニャ〜

すっかり冬の空気に支配されてしまったが、空が澄んでいて気持ちが良い!

外の寒さが厳しい程、薪ストーブの暖かさが身に沁みる。


Amahinaも 恒例の紙でできたスターランプのディスプレイ♪

毎年、「飛んで火に入る夏の虫」のように、この星に導かれるように店に入って来る人間達が後を絶たない。

クリスマスはイエス・キリストの誕生を祝う祭なのに、子供達の枕元にはプレゼントが置かれ、恋人同士ではプレゼントを交換しあうらしい。

そんなのちょっとヘンだニャ〜?って思うのに、やっぱり一生懸命選んでくれたプレゼントを貰うのは嬉しいもの。

メロンだったら、ガールフレンドとは同じなんだけど、ちょっとだけ違う物を身につけてみたい♪

例えばMAKUTAさんの「ツリーオブライフ」のペンダントヘッドなら、センターの天然石がルビーとエメラルドになっていて、オスでもメスでも合うだろう。
MAKUTA [tree of life pendant head ] 9504yen

NEBULABOさんのカシミア素材の2トーンヘアバンドは、とっても気持ちの良い肌触り♪

2色使いがオシャレだし、何と言っても暖かい♡ ヘアバンドが苦手なら、ネックウォーマーとして使っていただいても良いだろう。

NEBULAVO 2tone hair band 2592yen

そしてクリスマスと言えば、毎年恒例の「TOUMAI茶番劇」もとい「TOUMAIX‘masイベント」!

23日(火)は
昼過ぎより→サンタさんが薪ストーブの煙突の中から入ってきて、子どもたちにプレゼントをくれる!(無料)
17:30より→「世界中の弦楽器」を担いでやってくるGypsypotさんがX’masライブをやってくれる!(3500円プレートディナー付き)要予約

24日(水)は
17:30より→お店全体が生演奏のピアノラウンジ。会話を楽しむカップル向けな夜に、途上国支援をしているサンタがやってきて愛を授けてくれる!(3500円コース料理付き)

25日(木)は
17:30より→映画音楽でもご活躍の小林創さんの大人のピアノライブでプレゼントが当たる聖夜を過ごせる!(5000円コース料理付き)要予約

(ランチタイムは通常メニューをクリスマス仕様で営業しています)

お席を確保されたい方はお早めに042-667-1424まで御連絡くださいニャ〜!










2014-11-26

川西硝子アトリエ訪問ニャ〜

L
今年の4月、新居兼アトリエを構え、高尾から宇都宮へ引っ越した「川西硝子」さん。
3連休の最終日に、ドライブがてらアトリエを訪ねることにした!

圏央道高尾ICができたので、順調にいけば宇都宮までは2時間半の道のりなのだが、4時間かけてようやく到着したメロン一行(笑)

「川西硝子」の作家、通称:つよし君とはTOUMAIオープン当初からの付き合いなので、ちょうど8年位になる。

TOUMAIの初代キッチンシェフのタカがブラジルを旅していた頃、つよし君と出会った。
八王子市在住の二人は、偶然にも地球の裏側で仲良くなり、帰国後にはTOUMAIから徒歩10分の距離に住み、週に5日は顔を合わせるようになった。

つよし君もタカもそれぞれ作家として独立。そして高尾を出て、それぞれの地にアトリエを構えた。
メロンはその一部始終をそばで見守っていたのだ。

実はつよし君の奥さんを紹介したのはメロンである♫
彼女が店に来た時に、「ピーン!」とくるものがあった。彼女とつよし君は、なんだか相性が良さそうな気がしたのだ!

その直感は的中し、彼らは出会って1年後に結婚した。きっかけを作ったのはメロンであったが、半分以上はつよし君の愛情と努力の賜物である。

実際に、彼女と出会ってからのつよし君は凄かった。
めきめきと腕を上げ、いまでは「川西硝子」の代名詞でもある「ガラスペン」を確立させた。

今やそのガラスペンは代官山蔦屋や、大手文具店で取り扱われ、その書き(描き)心地は文筆家やイラストレーター等、プロにも認められている。

紹介が長くなってしまったが、彼の紆余曲折の8年を近くで見ていたので、この新しく美しいアトリエには特別な感動があった。

近い将来、ショウルームもオープンする予定らしいので、興味がある方や、つよし君を知っている方は是非アトリエを訪ねてみて欲しい。

せっかくなら、ちょっと足を伸ばして観光もしたいところ。
栃木には日光や鬼怒川温泉など、有名な観光地が沢山あるのだが、今回は宇都宮から車で30分のところにある、陶器で有名な「益子」へ足を伸ばした。



益子の街には陶器の他にも素敵なカフェやセンスの良い古道具屋が立ち並び、かなり見応えがあった!!
じっくり観光するなら、1日では足りないだろう。

川西硝子さんのアトリエで感動を、そして益子でリフレッシュができたので、メロンも少しずつだがステップアップしていこうと思った。

国内の日帰り旅もいいもんだニャ〜!




2014-11-12

フラワーオブライフ&マカバニャ〜

メロンが大好きな「楽」さんが、展示会でオーダーしていたマクラメアクセサリーを届けてくださった♪

ブレスレットは「フラワー・オフ・ライフ(生命の花)」と呼ばれるモチーフで、全生命の創造のパターンである。

イギリス、ルーマニア、トルコ、エジプト、イスラエル、インド、中国など、世界中の遺跡でこの図形が確認されていると聞いて、妙に惹かれた理由が分かった気がした。



そしてお揃いで作ってもらったペンダントは「シード・オブ・ライフ(生命の種子)」と呼ばれ、6つの円の中心に1つの円を足して、7つの円が重なって構成されたもの。


モチーフが可愛いのはもちろんのこと、マクラメで編んだ後ろの飾りも見逃せない!!

ペンダントを短めに付け、飾りを胸の方へ持ってくるのがオススメ♪

「メロンちゃんが身につけていたら、きっとお客様も欲しいと思うだろうから、お店用のアクセサリーも持って来たよ♪」と、楽さん。。。さすがである。

色合いも素敵で、お値段も手頃!!
贈り物としても優秀♪

オーロラ色に光る「フラワー・オブ・ライフ」のステンドグラスは、ちょっと特別な一品。

太陽光を通すと、虹色の光が出るので、サンキャッチャーの役割もしているのだ!

同じくステンドグラスのサンキャッチャーではマカバの形の物も入荷♪

立体なので水を入れることができ、そうすることでよりキラッキラに光るらしい!!


同じくマカバ型のペンダントもある。

マカバは正四面体が二つ重なり合っており、陰と陽、天と地、男と女など、二極を統合する形になっているので、気になる異性にもプレゼントしたら良さそうだ♪



世間では既にクリスマスムードらしいが、TOUMAI&Amahinaでは、フラワーオブライフやマカバで何ともエキゾチックなパワー溢れるムードになった(笑)

メロンはそんな自分らしいマカバ&フラワー・オブ・ライフのコーナーがとっても気持ちよくて気に入ったんだニャ〜!




2014-11-04

イラン雑貨お披露目メャ〜

おでかけの約束をしていた昨日、友人の体調不良により予定がキャンセルされてしまった。

せっかくの 良いお天気だったので、気持ちを切り替えて「やりたいことリスト」に溜まっていた事を潰して行くことにする。

リストの一つに、イラン映画「太陽は、ぼくの瞳」(1999年/ 監督:マジッド・マジディ )を観ることがあった。

(可愛くて優しいしょうちゃんという女の子が、イランへ行ったメロンの為にDVDを貸してくれたのだ♪ありがとうニャ〜!)

純粋で豊かな感受性をもつ盲目の少年と、再婚のことで頭が一杯な為に、少年を疎んじている父親との心の交流を描いている物語。

何と言っても彼らの住む田舎の村の景色の美しさに心が震えた!!


父親が手で捏ねて作る土壁の家や、当たり一面の花畑、そしてペルシャ絨毯を織る為に摘んできた花で糸を染めるシーンには目が釘付けになった。


そしてあることを思い出す。。。
6月にイランへ行った時に仕入れた靴下を!!

寒くなったら出そうと思っていたのだが、今がちょうど良いタイミング♪

一見、不思議な形に見えるこの靴下。

履いてみると、足首を締め付けずにすっぽりと足を包みこむ。お部屋でくつろぐ時にルームシューズとして履いたり、お風呂上がりに湯冷めしないように履くのもいいだろう。

イラン北部にあるマースレー村に住むお母さん達が手編みした温もりが伝わってくる靴下。

大切な友達にプレゼントしても、きっと喜ばれるに違いない一品だ。

唯一見つけたハンドメイド雑貨のセレクトショップでは、フェルト刺繍のピアスの可愛さにやられた!

ぽってり厚めでカラフルな刺繍は、心をほっこりさせてくれるような柄と色づかい♪

左右で違う色を付けるのが面白いけれど、実は両面に刺繍がほどこされているので、同じ色で合わせて使うことも可能。

個性的な形のピアスは、オシャレ上級者の方に♪
この形や色の組み合わせは個性的だけれど、どうしても暗くなりがちな秋冬の洋服に、このピアスを合わせて顔まわりを明るく見せよう♪


職人さんが1つ1つ手打ちした銅製のやかんは、珍しい花柄♪

内側にはステンレス加工をしてあるのでお湯を沸かすのはもちろんのこと、植物を入れて鉢代わりにしたり、ドライフラワーを飾るのも素敵!






盲目の少年は映画の中で、首都であるテヘランを世界の果てと呼び、彼の産まれた美しい村や人々の優しさを「心の目」で見て(感じて)いる。

もしも皆が「心の目」で世の中を見ていたら、きっと食べるものや着るものは、きっと今と違っているだろう。

メロンがAmahinaでセレクトする商品は、見えている姿、形の美しさとともに、「心の目」でも見て選んでいきたいと思ったんだニャ〜!




2014-10-29

メロンの近況ニャ〜

こんにちは!
メロン社長のペットのひかりです!
突然ですが、お客様からこんなメッセージをいただきました。

「ヒカリさん、こんばんは。
Amahinaさんに行ったことがある者です。
最近ブログが更新されていませんが、
ひかりさんとメロン先生はお元気ですか?」

私達の安否を心配してくださる優しいお客様に涙しました。。。

また、今月に入って立て続けに「最近ブログ書いてないね」と声をかけていただき、ご心配 をおかけして申し訳ない気持ちとともに、猫目線のブログを楽しみにして下さる方がいることに、軽い驚きと喜びが入り交じりました。

さて、肝心のメロン社長なのですが、
最近はイライラした様子で、
夜になっても家に帰って来ない日が多く、
以前よりも食欲が落ちているのは心配なのですが、
健在です!!

しかしブログをさぼっている理由が何かあるのではないかと思い、昨夜、TOUMAI閉店後に社長をこっそりと尾行してみました。

照明が消えて暗くなったTOUMAIを出た社長。
バイク好きなAさんの家の庭を通過し、常連のY田さんの住むマンションの駐車場へ向かいました。

停まっている車一台一台に身体をこすりつけ終わると、お世話になっているS田電気さんのお宅へまっしぐら。

「ゾーリゾーリ」という不思議な音がしたので、
音のする方へ、うっすらと明かりを向けてみると、
まるでアイスクリームを舐めるように、
白い鉄柱をうっとりと舐めているメロン社長。。。

その姿を見ていられず、先に家へ戻ろうかと悩んでいると、社長はまた次の目的地に向けて歩き始めました。

いつも一緒にヨガへ通っているK藤さんの家の前を通過すると、元従業員W田さんが使っていた駐車場の隣にある家の庭へ入っていきました。

私は庭の様子が見えるギリギリのところで、探偵になりきって息をひそめました。

カーテンの隙間から優しいライトが漏れる窓に向かい
「ニャーオニャーオ」とメロン社長。
するとガラガラと窓のサッシを開ける音がして
「猫ちゃん来たわよ〜餌の器どこだったかしら〜?」
というお母さんらしき女性の声。
「そこの棚に置いたぞ」
というお父さんらしき男性の声。
「猫ちゃん、お腹空いた?餌ほしいの?」
という娘さんらしき女の子の声。
「ニャーオ」
というメロン社長の猫撫で声。

メロン社長は、TOUMAIから200m程離れた場所で、
ノラ猫を装ってごはんを貰っていたのでした!!
どおりで、食欲がないはずです。。。

この優しいご家族のように、メロン社長にご馳走を振る舞い、あたたかい寝床をご用意してくださる優しい方々がきっと他にもいるのだろうと予想できました。

実は9月のTOUMAI改装中、
白黒猫のポンカンにそっくりな子猫がTOUMAIに居ついてしまいました。

その子猫は栄養失調で身体にノミがつき、目ヤニと鼻水がひどく、生きているのもギリギリといった様子で見殺しにすることもできず。。。

お風呂に入れてノミを取りました。
そして病院に連れていって毎日4〜5回の点眼と投薬。

おかげ様で、目も鼻も随分きれいになりました。ごはんをモリモリ食べているので、体重は倍以上に増えています。



しかし子猫に手がかかる分、メロン社長とポンちゃんのご飯やマッサージはついつい後回しになってしまいました。

メロン社長は愛情不足でやさぐれ、ブログを書くこともできず、食料と愛情を求めてあちこち放浪していたのでしょう。。。

まるで、奥さんに赤ちゃんが産まれて手がかかっている 間に、淋しくて浮気をしてしまった夫のような振る舞いを見せたメロン社長。

『心を改めて、また皆様に猫目線のブログを書き続けるので、どうかこれからも宜しくお願い致しますニャ〜!!』


ちなみに子猫の里親さんを大募集しています!
人なつこくて可愛い3ヶ月位の子猫です。
どなたか飼いたいという方がいらっしゃいましたら、
是非TOUMAI&Amahinaまでご一報くださいね♪
042−667−1424